リンクは自由!

言語の多様性と少数言語の権利について


ある学者の見積もりによれば、世界の6760の言語のうち269語の話し手の数 の合計で世界の人口の96%になるとのことである。つまり、残りの大部分の 言語はその話し手の数を合計しても世界の人口の一割にも満たない。また別の 学者の推定では、世界の約6000の言語のうち、(1)子供が母語として習得し なくなった言語が20〜50%、(2)現状のままでは来世紀までに(1)の仲間入 りをする可能性のある言語が40〜75%、(3)将来にわたって安泰な言語が5 〜10%となっている。つまり、世界の言語の半数近くが21世紀中に消失する であろうし、悲観的に見ると95%の言語が消失してしまう可能性さえあると いうことである。

言語の統合が進むことは、一見して好都合なことのように思える。一つの言 葉で話し合える人の数が増えるのだから。特に経済的な見地からはまことに望 ましいことであろう。

しかし、この状況が人類にとって本当の進歩であるかを問う人もまた多い。各 民族が長年の歴史の中で築き上げてきた文化とそれをささえる言語とは、人間 がもつ豊かな可能性の現れである。それが消えることは、人間の可能性を狭め ることにほかならない。人間の本質を解明するための手掛かりをなくしてしま うことである。

「危機に瀕した言語」を話す人々の対応はまちまちである。もちろんすすん で大言語に乗り換える人々も多い。実生活での便宜を考えれば当然の選択とも 言える。しかし、その一方で、自分たちの言語を守るために積極的に運 動を繰り広げている人もまた少なくない。政治的・経済的な運動と結びついているこ とが多いが。創作活動・出版活動を奨励し、学校の内外で言語教育を行うなど、 言語に関する運動の要素も当然含まれる。

「ことばの権利とは何か? 世界人権宣言50周年シンポジウム」が 1998年10月24日、国立教育会館で開かれ、その会議録をもとにして 言語権研究会編『ことばへの権利』(三元社: 1999年)が出版されました。

関連の拙文


世界人権宣言 (日本語訳)

第二条

すべて人は、人種、皮膚の色、性、言語、宗教、政治上その他の意見、 国民的若しくは社会的出身、財産、門地その他の地位又はこれに類する いかなる事由による差別をも受けることなく、この宣言に掲げるすべての 権利と自由とを享有することができる。


リンク集

Ethnologue
Summer Institute of Linguisticsによる世界各地の言語についてのデータ。
International Year of Languages
2008年は国連が定めた国際言語年です。
国際言語年2008の祝賀に寄せる松浦晃一郎ユネスコ事務局長のメッセージ「言語は大切」
2008年は国連が定めた国際言語年です。
Languages and Multilingualism
ユネスコの多言語主義に関する活動。
MOST Clearing House on Linguistic Rights
文化的・言語的多様性のための情報を蓄積するユネスコのプログラム。
LINGUAPAX Project
教育における言語の多様性と多言語使用を推進するユネスコのプロジェクト。
ENDANGERED LANGUAGES
ユネスコのサイト内。
International Mother Language Day
2月21日はユネスコが制定した、国際母語の日。
European Day of Languages
9月26日は欧州評議会が制定した、ヨーロッパの諸言語の日。
EUROPA - Languages and Europe
EU(ヨーロッパ連合)の公用語についての情報。
EBLUL (European Bureau for Lesser-Used Languages)
欧州少数言語事務局。
日本言語学会危機言語小委員会
危機言語ホームページ
東京大学文学部東洋諸民族言語文化部門内「危機言語クリアリングハウス」による。関連リンク集もあり。
環太平洋の言語総括班ホームページ
科研費特定領域「環太平洋の「消滅に瀕した言語」にかんする緊急調査研究」。 [ミラーサイト]
Foundation for Endangered Languages
Endangered Language Fund (ELF)
Endangered Languages, Endangered Knowledge, Endangered Environments
1996年10月にカリフォルニア大学で開かれた国際会議。
University of California Linguistic Minority Research Institute
Mercator Linguistic Law and Legislation
主としてEU内での言語法制についてのデータベース。
CIEMEN (International Escarre Centre for the Ethnic Minorities and Nations)
Declaracio Universal dels drets Linguistics
世界言語権宣言。ユネスコ・国連に対する働きかけ。
Universal Declaration of Linguistic Rights
世界言語権宣言(2)。
言語の権利に関する世界宣言
CCC研究所による日本語訳。
福地俊夫さん
一橋大学修士論文「言語権に関する理論的考察」など。
「『世界言語権宣言』とは」
『エスペラント』第67巻(1999)1月号, pp.6-7.
Terralingua
世界の言語と生物の多様性を保護しようとする団体。
The Council of Europe: Languages
ヨーロッパ評議会の言語政策について。
European minority languages
ヨーロッパの50の少数言語の情報。
Euromosaic
ヨーロッパの少数言語の調査。
eLandnet
Resources about unrepresented nations, indigenous peoples and national minorities worldwide.
Native Web
アメリカ先住民の情報が中心だが、他の地域の先住民についても。
Teaching Indigenous Languages
危機言語再生のための言語教育活動について。
Less Commonly Taught Languages (LCTL) Project
英仏独西以外の言語に関する、主にインターネット上の情報について。
Linguasphere
世界の言語を言語圏と捉える。
Statement on Language Rights
アメリカ言語学会の言語権に関する声明。
国際語エスペラント運動に関するプラハ宣言
1996年8月第81回世界エスペラント大会で採択。
Babel
internet Societyの中のインターネット多言語化に向けた取り組み。

参考図書

日本語で書かれた、市販の書籍



後藤斉のホームページに戻る

URL:http://www.sal.tohoku.ac.jp/~gothit/diversity.html
2014-08-08T15:10:48+09:00
All Rights Reserved. COPYRIGHT(C) 1997-2010, GOTOO Hitosi
Department of Linguistics
Faculty of Arts and Letters, Tohoku University
Aoba-ku, Kawauti 27-1
980-8576 Sendai, Japan

〒980-8576 仙台市青葉区川内27番1号 東北大学大学院文学研究科言語学研究室
後藤 斉 (E-mail:gothit@m.tohoku.ac.jp)
後藤にメールを送られる方へ