<< 催事総合案内 | main | 吉原直樹・似田貝香門・松本行真編『東日本大震災と〈復興〉の生活記録』六花出版、2017年3月10日刊 >>

2017年03月12日 (日)

金田諦應さん出演のAbemaNewsチャンネル紹介

先日、金田諦應さんが出演されたAbemaNewsチャンネルの番組紹介がupされましたのでお知らせします。

東日本大震災から6年 被災者に”幽霊"が見える本当の理由 | Abema TIMES
https://abematimes.com/posts/2118418
■被災者の声聴く和尚「幽霊が見えて当然。6年経っても心は行ったり来たり」

 宮城県・栗原市で500年以上続く通大寺の金田諦應和尚は宗教家の立場から、こうした霊体験に向き合ってきた。

 震災直後から津波で利用できなくなった沿岸部の火葬場に代わり、内陸の栗原市と連携し火葬ボランティアとして活動してきた金田和尚。「誰も火葬場で泣いていなかった。これはよっぽどのことなんですよ。それほど深い悲しみ、深い苦悩を背負ってしまった人というのは表情もなくなってしまうし泣くことも出来なくなる」。

 自分たちに何ができるのかを考え、被災者一人一人の話をじっくりと聞くための場「傾聴喫茶・Cafe de Monk」を始めた。"僧侶"たちが被災者の心に溜まった"文句"を吐き出してもらい、一緒に苦悶し、心と向き合うというものだ。(以下略)