2016年03月24日 (木)

『喪失とともに生きる:対話する死生学』

来月下旬に『喪失とともに生きる:対話する死生学』(ポラーノ出版)が刊行されるとのご案内を戴きましたのでお知らせいたします。

注文票を印刷してFAXでご注文ください。
注文票

『喪失とともに生きる:対話する死生学』
http://www.kyusenshoin.com/taiwasuru.html

『喪失とともに生きる:対話する死生学』人生はあらゆる喪失に満ち、喪失とその悲哀とともに、どのように生きるかを問われている。これに対しグリーフ(悲嘆)ケアは、この心理的な危機にいかに対処するかという点に力点が置かれてきた。たしかに一時的な援助の手を差し伸べることは欠かせない。しかし私たちは、喪失が引き起こす当面の危機を乗り越えた後も、喪失を抱えて生きていかなければならない。

「あらゆる悲しみは、それを物語にするか、それについて物語を語ることで、耐えられるものになる」―本書では対話を通して、「喪失を抱えながら生きていく」意味を探っていく。

本書は七つの物語と各二つずつの対話から成り立っている。各物語は日常的に物語を聴き、物語とともに考える経験を重ねた対人援助職(グリーフカウンセラー、小児救急医、助産師、緩和ケア医、僧侶、看護師、NPO経営者)が物語る。それに対し、一つ目の対話で各物語の基本的な事柄や背景を、二つ目の対話では本文と異なった視点からの語り掛けを試みる。それぞれを哲学、宗教学、社会学、民俗学、仏教学等といった多様な専門家が応じることにより、物語がより視覚的・立体的に浮かび上がる。
関係者、そして喪失を抱えるすべての方へおくる。

序  対話する死生学  喪失とともに生きるために(竹之内裕文)

1章  喪失とともに生きる人たちとの出会い:グリーフカウンセリングの現場から(浅原聡子)
 コメント1  日本におけるグリーフケアカウンセラー:臨床心理学と日本的心性の狭間で(浅見洋)
 コメント2  グリーフサポートと民俗(井藤美由紀)

2章  こどものいのちを看取ること  小児救急の現場から(植田育也)
 コメント1  寄り添いの変容   一世紀を経た二つの手記より(浅見洋)
 コメント2  こどもを看取る家族への看護(阿川啓子)

3章  生を享けること、失うこと  周産期医療の現場から(増田智里)
 コメント1  死産を経験した家族に対するサポート(河端久美子)
 コメント2  幼い子を失った親の経験について(井藤美由紀)

4章  老病死に向き合う人から学ぶ  終末期ケアの現場から(奥野滋子)
 コメント1  「自分を失うこと」とどう向き合うか(田代志門)
 コメント2  「ホスピタル」はいかに「病院」となったか(桐原健真)

5章  ホームを失って生きる  路上生活者の語りから(高瀬顕功)
 コメント1  「ホーム」の意味について考える(浜渦辰二)
 コメント2  困窮する人を「助ける」ということ:私たちの「居場所」をめぐって(松本曜一)

6章  がんが教えてくれたこと  患者・看護師としての体験から(佐藤仁和子)
 コメント1  がん闘病者・サバイバーの喪失体験と生(草島悦子)
 コメント2  病とともに生きるということ(高橋由貴)

7章  自他の喪失を支えるつながり  グリーフから希望を(尾角光美)
 コメント1  喪失から紡がれてゆくいのちのサポート(大河内大博)
 コメント2  いのちの支え合いの場に立つ(中井弘和)

終章  死とともに生きることを学ぶ  対話する死生学のために(竹之内裕文)

編者
竹之内裕文(たけのうち ひろぶみ)
1967年生まれ。静岡大学農学部・創造科学技術大学院教授。東北大学大学院文学研究科博士課程修了、博士(文学)。専門は哲学、倫理学、死生学。主な著書に『どう生き、どう死ぬか―現場から考える死生学』(弓箭書院、2009年、共編著)、『七転び八起き寝たきりいのちの証―クチマウスで綴った筋ジス・自立生活20年』(新教出版社、2010年、編著)、『シリーズ生命倫理学・第4巻 終末期医療』(丸善出版、2012年、共著)ほか。

浅原聡子(あさはら さとこ)
1968年生まれ。GCC 認定グリーフカウンセラー、看護師、静岡大学非常勤講師。小児専門病院に20年間看護師として勤務した後、現在はカウンセリング、講演、セミナー等にて活動中。グリーフカウンセリングivy代表。


〒195-0061 東京都町田市鶴川2-11-4-301 ポラーノ出版
e-mail mail@polanopublishing.com 
TEL 042-860-2075/FAX042-860-2029
web http://www.kyusenshoin.com
ご注文書 FAX 042-860-2029

2016年03月23日 (水)

「NHK WORLD News」で日本臨床宗教師会の設立などについて紹介されました

日本臨床宗教師会の設立などについて伝えるNHK国際放送の番組(4分半)がネットでも公開されましたのでお知らせします。是非ご覧下さい。

Working Across Faiths - News - NHK WORLD - English
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/videos/20160323142818095/

2016年03月15日 (火)

BBC Radio 4 にて、 「Ghosts of the Tsunami」が放送されました

去る2016年03月11日、BBCラジオ4で被災地関連の放送がありました。
イギリスTIME紙日本支局長のロイド・パリーさんの報告です。
主に被災地における霊的現象を通し、日本人の死生観を語る、という内容になってます。

BBC Radio 4 - Ghosts of the Tsunami
http://www.bbc.co.uk/programmes/b072n8f1?ns_mchannel=social&ns_source=masterbrand_twitter&ns_campaign=pan_bbc_110316&ns_linkname=radio_link&ns_fee=0

参考:Richard Lloyd Parry · Ghosts of the Tsunami · LRB 6 February 2014
http://www.lrb.co.uk/v36/n03/richard-lloydparry/ghosts-of-the-tsunami

2016年03月13日 (日)

NHK Eテレ「こころの時代」震災特集

NHK Eテレで放送される「こころの時代」の震災特集についてのご案内です。未明(深夜)という時間帯ですが、録画などでご覧いただければ幸いです。

「特集こころの時代・挑む僧侶たち〜被災地に希望を〜」
放 送 2016年03月13日(日)午前3時20分〜
再放送 2016年03月14日(月)午前1時55分〜

「こころの時代・シリーズ私にとっての3.11 苦と共にありて」Eテレ
放 送 2016年03月13日(日)午前5時〜6時
再放送 2016年03月19日(土)午後1時〜2時

2016年03月10日 (木)

「こころの時代〜宗教・人生〜/宗教の時間」(NHK Eテレ:2016年03月13日(日))に浄土真宗大谷派の木村敏さん(元名取市役所、昨年3月に退職)が出演されます

元名取市役所職員(昨年3月退職)で浄土真宗大谷派僧侶の木村敏さんが
NHK Eテレ「こころの時代」に出演します。お時間のある方はご覧下さい。

放映日時:2016年03月13日(日)、5:00-6:00
○再放送:2016年03月19日(土)、13:00-14:00

詳細は下記ページを参照下さい。
http://www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2016-03-13/31/21681/2008241/

2016年03月03日 (木)

公開シンポジウム「あらためて“いのち”について京都で考える −東日本大震災を縁として−」

1.日  時  2016年03月23日(水) 13:00〜16:15
2.場  所  聞法会館3階 多目的ホール(京都 西本願寺北境内地)
3.内  容  テーマ:心のざわめきを見つめて

○第1部 
自分自身への「ざわめき」を見つめる〜自らの救いとしての宗教
・寺戸淳子(宗教学者・専修大学兼任講師)−対人支援に関わる経験から
・鈴木英生(記者・毎日新聞社)−震災を報道してきた経験から
・安部智海(宗教者・総合研究所研究助手)−被災地支援に関わる経験から

○第2部
周囲の人びとへの「ざわめき」を見つめる〜他者を救う営みとしての宗教
・鈴木岩弓(宗教学者・東北大学教授)−信仰に触れてきた経験から
・加藤智也(作業療法士・健康科学大学教授、同大学学科長)−対人支援に関わる経験から
・金沢豊(宗教者・総合研究所研究員)−被災地支援に関わる経験から

○全体
・コメンテーター:磯前順一(宗教学者・国際日本文化研究センター教授)
・コーディネーター:竹本了悟(宗教者・総合研究所研究員)

【開催趣旨】
5年前におきた東日本大震災は、多くのいのちを奪い、沢山の人びとの生き方に影響を与えました。振り返ってみれば、これまで、社会に発信されてきた情報と、現地の生の声との間には、差異があり続けてきたように思います。ともに前へとのスローガンに反して、亡くした人を置き去りにしたような罪悪感にかられる人。復興を喜ぶ反面、変化する街並に戸惑う人。いくら月日が経とうとも、いくら建物が再建されようとも、癒えない心は存在し続けているのです。震災を通して、私たちは心の機微(きび)に多く触れる経験をしました。そして、これまで生活のなかで見過ごしてきたような気持ちに、とても敏感になりました。メディアにおいて、「頑張れ」という言葉があまり使われなくなりました。それはこの語に対する「もう 頑張れない」「充分やっているのに」といった気持ちが露わになったことの影響といえるでしょう。(※本シンポジウムを通して、この現象の善し悪しも見えてくるでしょう。)ここでは、そうした心の機微(きび)を「ざわめき」と名付けます。

このざわめきは、決して被災地だけのものではありません。私たちのなかにも、言いようのない気持ちがざわめいてはいないでしょうか。自分自身はもちろん、周囲の人たちのざわめきに気付くことは、心を大切にすることにつながります。ざわめきから目を逸らす社会よりも、ざわめきに光をあてるような社会は、より心豊かな、いのちを大切にしようとする社会なのだと思うのです。いま一度立ち止まって「ざわめき」に光を当ててみませんか?

ポスター・地図
詳細

1/1