2016年06月09日 (木)

【ご案内】がん哲学外来市民学会第5回大会「こころに寄り添う」

このたび以下の要領にてシンポジウムが開催されますのでご案内いたします。ご関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております(要申込)。
■テーマ 「こころに寄り添う」
■日時 2016年7月10日(日) 8:30〜14:00(受付開始:8:00)
■主催 がん哲学外来市民学会
■会場 石巻赤十字病院災害医療研修センター
    宮城県石巻市蛇田字西道下71 電話:0225-21-7220(代)
■プログラム
朗読
 青木裕子/がん哲学外来市民学会副代表、軽井沢朗読館館長、元NHKアナウンサー
講演
 金田諦應/傾聴移動喫茶カフェ・デ・モンクマスター、曹洞宗通大寺住職
 松田博英/河北新報社編集局報道部副部長
 石塚真人/あきたがんささえ愛の日、秋田テレビ常務取締役
特別講演
 樋野興夫/がん哲学外来理事長、順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授
カフェ・デ・モンク出店
 →Webサイト:http://shimingakkai.org/guidance/index.html
 →ポスター

2016年06月08日 (水)

【ご案内】宗教者災害支援連絡会(宗援連)5周年シンポジウム「宗教者の実践とその協働」

このたび以下の要領にてシンポジウムが開催されますのでご案内いたします。ご関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております。
◆タイトル
宗教者災害支援連絡会(宗援連)5周年シンポジウム「宗教者の実践とその協働」
◆報告と討議
・金田諦應氏「東日本大震災から熊本地震へ―傾聴移動喫茶『カフェ・デ・モンク』の歩み―」
 (通大寺住職)
・栗田暢之氏「災害支援における市民活動と宗教者・宗教団体との連携に向けて」
 (東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)代表世話人、NPO法人レスキューストックヤード代表理事)
・新倉典生氏「東京都仏教連合会の防災備災の取り組み」
 (東京都仏教連合会事務局長)
◆熊本地震の支援に関する報告
◆参加無料(どなたでもご自由に参加できます) ◆
日時 2016年 6月19日(日) 14:00〜17:00(コーヒーブレイクあり)
会場 東京大学情報学環・福武ホール ラーニングシアター
    (東京都文京区本郷7-3-1 東京大学赤門入り左手すぐ)
※宗教者災害支援連絡会(宗援連)は、宗教者・宗教団体による被災者支援のより有効なあり方を目指し、宗教や宗派の別を超えて情報交換を行い、活動を拡充していこうとするものです。
 →Webサイト:https://sites.google.com/site/syuenrenindex/
 →ポスター

2016年06月04日 (土)

【ご案内】シンポジウム:「死の受容の最前線―死ぬまえ 死ぬとき 死んだあと―」

このたび以下の要領にてシンポジウムが開催されますのでご案内いたします。ご関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております。
題目 「死の受容の最前線―死ぬまえ 死ぬとき 死んだあと―」
日時2016年06月25日(土)13:00〜17:00
場所:東北大学川内南キャンパス文系総合講義棟2F 法学部第2講義室
照会 4nocarez@gmail.com
主催 科研費挑戦的萌芽研究「現代日本における『死のケア』のための異分野融合研究」(鈴木岩弓研究代表)
 →ポスター

1/1