Links
シーボルトプログラム
グローバル安全学 トップリーダー育成プログラム
東北大学文系URA室
川内南地区倫理委員会
東北大学

出版・媒体案内

学術刊行物

文学研究科では、出版企画委員会を設けて、文学研究科における研究の 成果を、さまざまな読者を対象に図書として刊行しています。

また、文学研究科・文学部では以下の雑誌の定期刊行を行っています。

『東北大学文学研究科研究年報』  (昭和25年創刊:年一回発行)
『東北文化研究室紀要』      (昭和34年創刊:年一回発行)
『文化』             (昭和8創刊:年二回発行)

各講座・専攻分野等でも研究室単位あるいは研究室に事務局等のある 学会単位で多数の学術誌を刊行しています。これらの学術誌の多くは、 本研究科以外の研究者に対してわれわれの研究成果を発信する媒体とも なっており、各学問分野の研究推進に多大な貢献をしています。




東北大学文学部ブックレット 考えるということ

実利偏重・通俗功利主義がはびこる時代、東北大学文学部・文学研究科は、あえて「人文知の価値」を示したいと思います。この本は、軽佻浮 薄な文化への対立軸としての重厚な伝統的学問文化を守り、発展させる媒体です。現実の問題から目をそらすのではありません。「企業の社会的責任」を意識 する先進的な企業と対話・連携し、あるいは書店や図書館、地域社会との対話を通して、人文社会学的立場から、責任を持った発言をしていきます。さらに、 大学で学びつつある、あるいはこれから大学で学ぼうとする若い世代に、「真の実学」としての人文社会学の心髄を伝えたいと思います。ネットを中心に、匿 名性を隠れみのとした無責任な発言が、なんとあふれかえっていることでしょう。この本では、研究者−高校生・大学生−卒業生−企業−地域社会を結んで、 <文学部流>を徹底したらこうなる、という情報の発信をめざしていきます。

『考えるということ』  (平成19年創刊:年一回発行)

文学研究科・文学部のホームページに戻る