トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

安達智史

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

安達 智史 (ADACHI Satoshi)


1979年生まれ。文学博士。ec023983@yahoo.co.jp
専門:理論社会学、多文化主議論、社会統合の比較社会学、再帰的近代化論、若者ムスリム研究、外国人児童のアイデンティティ研究、教育社会学、多文化共生論。
(写真: Russell Square内)

現在:
・近畿大学総合社会学部・専任講師

教歴
・愛知教育大学・非常勤講師(「国際文化入門ゼミ」、「コミュニケーション論」、「現代社会学機廖法2012.4-2012.9)
・尚絅学院大学・非常勤講師(「質的調査」)(2010.4-2010.9)
・東北文化学園大学・非常勤講師(「コミュニケーション」「コミュニケーション論」)(2010.4-2010.9)
・独立行政法人国立病院機構仙台医療センター付属仙台看護助産学校・非常勤講師(社会学)(2007.4-2009.3)

職歴:
・日本学術振興会・海外特別研究員(2013.4-2015.3)
・Institute of Education (University College London, 2014年12月1日までUniversity of London)・Visiting Academic(2013.4-2015.3)
・日本学術振興会・特別研究員PD(名古屋大学)(2011.7-2013.3)
・GCOEプログラム「社会階層と不平等教育研究拠点」連携研究員(東北大学)(2010.4-2013.3)
・日本学術振興会・特別研究員PD(東北大学)(2010.4-2011.7)
・Institute of Community Cohesion (Coventry University, the UK) Visiting Scholar(2009.6-2009.12)
・日本学術振興会特別研究員DC2(2008.4-2009.3)
・東北大学大学院文学研究科21世紀COEプログラム 「社会階層と不平等研究教育拠点」リサーチアシスタント(2006.4-2008.3)
・仙台市市民活動サポートセンター・非常勤職員(2004.8-2005.11)

社会活動:
・日本社会学会「若手フォーラム」メンバー(2010.4-2011.3)
・外国人児童学習支援団体(東海地方X市)・副代表(2011.5[副代表は2011.10-]-現在に至る)
・国際交流団体(東海地方X市)・書記(2011.4-現在に至る)
・日本語教室(A小学校、東海地方X市)・ボランティア(2011.4-2012.9)
・日本語教室(B中学校、東海地方X市)・ボランティア(2011.4-2012.3)
・日本語の会(東海地方X市)・ボランティア教師(2011.2-現在に至る)
・FolesHillfields Vision Project (Coventry, the UK), Volunteer(2009.9-2009.12)

研究テーマ

・学校における外国人児童(焦点:アイデンティティ形成、社会階層、葛藤、多文化共生)
・若者ムスリム研究(焦点:アイデンティティ管理、再帰性、女性、キャリア意識)
・ポスト多文化主義の政治哲学(焦点:リベラル・ナショナリズム論、リベラルな多元主義)
・イギリスの社会統合政策(焦点:新労働党の統合哲学・政策、テロ防止政策)
・社会統合の比較社会学(焦点:経路依存的な制度要因)
・信頼と寛容の社会理論(焦点:文化的同一性/差異性)
・E・デュルケムの社会統合論(焦点:国家論、ナショナリズム論)

その他の関心

・ジェンダー論(フェミニズム、セクシャリティ)
・「愛」の歴史社会学(D.ルージュモン)
・コミュニケーション論(N.ルーマン/E.ゴフマン、多文化コミュニケーション論)

主要業績

  • 関西社会学会大会奨励賞(第62回大会、2011年)
報告題目: 「多文化主義をめぐる論争ー再帰性・アイデンティティ・文化」
  • 第9回日本社会学会奨励賞(論文の部、2010年) 
受賞論文: 「ポスト多文化主義における社会統合について―戦後イギリスにおける政策の変遷
           との関わり のなかで」『社会学評論』60(3): 433-448、2009年. 

単著

  • 2013、『リベラル・ナショナリズムと多文化主義―イギリスの社会統合とムスリム』、勁草書房。

共著

  • 2017、「グローバル化時代の宗教とアイデンティティ―イギリスのムスリム女性を事例として」 石井香世子編『国際社会学入門』ナカニシヤ出版。 NEW
  • 2017、「イスラームとの多様な『共存』―イギリス、マレーシア、日本におけるムスリム女性」 國學院大學研究開発推進センター・古沢広祐編『共存学4―多文化世界の可能性』弘文堂。 NEW
  • 2017、「イースト・ロンドンの女性ムスリムの社会統合―教育・ジェンダー・信仰」山本寿美子編『ヨーロッパにおける移民第二世代の学校適応』明石書店。 NEW
  • 2016、「変容する学校と地域―ブラジルにルーツを持つ子どもの学校適応と家族資源」近畿大学日本文化研究所編『変化と転換を見つめて』風媒社。
  • [2011, "Reflexive Modernity and Young Muslims: Identity Management in a Diverse Area in the UK," in K. Kimura ed., Minorities and Diversity, Australia: Trans Pacific Press, 83-99.|https://ioe.academia.edu/SatoshiAdachi]
  • [2008, "New Racism and ‘Community Cohesion’ in Britain," in K. Hasegawa and N. Yoshihara eds., Globalization, Minority and Civil Society: Perspectives from Asia and Western Cities, Australia: Trans Pacific Press, 41-57.|https://ioe.academia.edu/SatoshiAdachi]

論文

国際学会・シンポジウム等での発表

  • 2016, "Religious Knowledge and Muslim Women in the Information Age: A Case Study in Britain," Third ISA Forum of Sociology Universitat Wien, Vienna, 14 July, 2016.
  • 2015, "Young Muslims, Identities and Recognition: Reactions to Politicised Media Discourses", Challenging Extremism?: Education for Justice and Peace in a World of Competing Ideologies, 2015 Annual Meeting of American Educational Research Association, Swissotel Chicago, Chicago, 17 April, 2015.
  • 2014, "Islamic Knowledge and Social Integration in a Changing World: Focusing on British Muslim Women’s Identity Management", 5th Institute of Education and National University of Beijing Conference 2014, IOE, University of London, London, 21 November, 2014.
  • 2014, "Negotiation of Gender Roles Among Young Muslim Women in Britain: Career, Family, and Faith," Annual Conference 2014 of International Sociological Association, Pacifico Yokohama, Yokohama, 17 July, 2014.
  • 2014, "Religion as 'Knowledge': Social Integration of Young Muslims in the Information Age," BSA Sociology of Religion Study Group Annual Conference 2014, University of Sussex, Brighton, 3 July, 2014.
  • 2014, "Understanding the Relations between Islam and Citizenship: Focusing on ‘Not’ Wearing a Scarf," International Centre for Education and Democratic Citizenship 8th Annual Conference, Education for Human Rights and Democratic Citizenship in Schools and Society, Institute of Education, University of London, London, 27 June, 2014.
  • 2014, "Faith and Social Integration of Young British Muslims in Changing Society: Identity Management and Knowledge Resources," Annual Conference 2014 of British Sociological Association, University of Leeds, Leeds, 25 April, 2014.
  • 2011, "Newcomer Children and Education: Family, School and Community," Immigration at the National and Local Level: The Impact on Future Economic Growth and Community Relations in Japan and the United States, University of Nagoya, Nagoya, 16 December, 2011.
  • 2010, "Being Muslim and Being British: Identity Management of Young Muslims," The 10th Asian Pacific Sociological Association Conference, Hyatt Regency Kinabalu, Kota Kinabalu, 09 December, 2010.
  • 2010, "Reflexive Modernity and Young Muslims: Identity Management in Super-Diverse Area," Social Justice, Social Identity and Intergroup Conflict, Tohoku University, Sendai, 06 March, 2010.
  • A., 2010, “Approaches to Community Cohesion and Integration in Japan and the UK," Comparing Cohesion and Integration in Japan and the European Union, British Council, Tokyo, February 23, 2010.
  • 2009, "On the Function of Britishness on the Social Integration in Britain," Equal Opportunity International 2009 Conference, Bosphorus University, Istanbul, July 19, 2009.
  • 2009, “Why Does British Government Accent 'Britishness'?: The Function on Social Cohesion and Cultural Diversity,” Inequalities & Disparities in Globalized Asia: Tohoku University & NUS Joint Forum of Sociology & Social Stratification Study, National University of Singapore, Singapore, February 19, 2009.
  • 2008, “The Form of Korean Dramas: For Adaptation to the World”, Cultural Typhoon, Sendai, 28, June, 2008.
  • 2008, “Race Relations Policy in Britain and Britishness,” Accomplishment Reporting Assembly of the Department of Equality, CSSI (21st COE), Tohoku University, Sendai.
  • 2008, “The Concept of ‘Britishness’ and the Effect on Social Cohesion and Diversity”, International Symposium on Frontiers of Sociological Inquires by Young Scholars in Asia, Sendai, 26, January, 2008.
  • 2007, “A Solution of the Dilemma Between Trust and Tolerance: Liberal Nationalism and 'Community Cohesion' Policy”, Forgiveness and Justice in Social Relations, COE International Symposium, Sendai, 24, March, 2007.

競争的資金

  • 2016年4月〜2019年3月、若手研究B(日本学術振興会)、研究課題名「情報化時代におけるムスリム女性の信仰と社会参加―質的調査に基づく国際比較研究」、総額3,900,000円(3年間) NEW
  • 2015年8月〜2016年3月、研究活動スタート支援(日本学術振興会)、研究課題名「若者女性ムスリムの信仰と社会参加をめぐる質的調査に基づく国際比較研究」、総額1,560,000円
  • 2014年度、成果公開促進費(学術図書)(日本学術振興会)、採択書籍タイトル『リベラル・ナショナリズムと多文化主義―イギリスの社会統合とムスリム』、総額1,900,000円
  • 2013年4月〜2015年3月、海外特別研究員、研究課題名「グローバル化時代の社会統合―シティズンシップ教育とアイデンティティの国際比較分析」、5,256,000円(年額、滞在費・研究費)
  • 2010年4月〜2013年3月、科学研究費補助金(特別研究員奨励費)、 研究課題名「社会統合の国際比較と公共哲学―文化的多様性・福祉的 平等・社会的結束の実現のために」、総額2,800,000円(3年)。
  • 2009年12月、優秀若手海外派遣事業、 研究課題名「信頼と寛容の社会学―イギリスの人種関係政策の分析をとおして」、内定辞退(事業仕分けによる採用プロセス遅延のため)。
  • 2008年4月〜2010年3月、科学研究費補助金(特別研究員奨励費)、研究課題名「信頼と寛容の社会学―イギリスの人種関係政策の分析をとおして」、総額1,000,000円(2年)。
  • 2007年4月〜2008年3月、特別研究奨励費、19年度東北大学21世紀COE「階層と不平等研究教育拠点」、研究課題名「イギリスの諸都市におけるマイノリティ政策と社会的公正」、金額950,000円。
  • 2006年4月〜2007年3月、特別研究奨励費、18年度東北大学21世紀COE「階層と不平等研究教育拠点」、研究題目名「イギリスの諸都市におけるマイノリティ政策と社会的公正」、金額600,000円。

報告書

  • 2013, 『知多市における外国人市民の生活に関する調査報告書』 多文化共生研究会(研究代表)、緒言(i-ii)、序章(1-4)、2章(25-41)、資料2(78-84)担当。
  • 2007, ‘Racial Relations Policies in Britain and the Effect of ‘Britishness’ ’on the Attitudes toward Social Cohesion and Cultural Diversity, Annual Report 2007, The 21st Century Center of Excellence Program, Tohoku University, Center for the Study of social Stratification and Inequality, 58-59.
  • 2006, ‘The Minority Policies in Britain Cities and Social Fairness’, Annual Report 2006, The 21st Century Center of Excellence Program, Tohoku University, Center for the Study of social Stratification and Inequality, 61-62.

アウトリーチ活動

  • 2012,「『希望』のつくり方―X市における外国にルーツをもつ子どもへの教育支援について」、知多市にほん語の会、ふれあいプラザ(知多市)、2012年3月3日。
  • 2012,「多様性についてのお話」、総合の時間、知多市立八幡中学校(知多市)、2012年2月15日。
  • 2011,「外国にルーツをもつ子どもへの支援―学校と地域の連携の可能性」、知多市日本語指導担当者会、知多市立八幡中学校図書室(知多市)、2011年12月19日。
  • 2011,「外国にルーツをもつ子どもとモラル―東海地方X市におけるフィールドワーク」、知多市にほん語の会、ふれあいプラザ(知多市)、2011年6月18日。
  • 2011,「外国にルーツをもつ子どもと彼女/彼らを取り巻く世界―東海地方X市におけるフィールドワーク」、知多市日本語指導担当者会、知多市立八幡中学校図書室(知多市)、2011年6月2日。

学位論文

  • 2009、『社会的結束と文化的多様性の社会理論―リベラル・ナショナリズム論とイギリスの社会統合政策を中心として』,2008年度東北大学博士学位(文学)論文。
  • 2004、『社会学的信頼論―現代社会の信頼論的解明への序論』,2003年度立命館大学修士学位(社会学)論文.。

書評

その他

  • 2015、「海外の動き―イギリス・ロンドン タワー・ハムレットの若者ムスリム」,『Migrants Network』 182:24-7。
  • 2015、「イギリスの若者ムスリムたち―『市民であること』の要件としてのイスラーム」,『SYNODOS-シノドス』 2015.06.04。http://synodos.jp/international/13631
  • 2012、「海外の動き―イギリスの社会統合政策」,『Migrants Network』 154:18-9。
  • 2011、「イギリスの若者ムスリムの社会意識 ― グローバリゼーション、再帰性、アイデンティティ ―」,『KG/GP 社会学批評』 4:79。
  • 2011、「リプライ2」『KG/GP 社会学批評』 4:88-91。
  • 五十嵐太郎, 笹島秀晃, 鈴木優香里, 川上赳, 植松久達, 小野浩幸との共著, 2008, 「Round Reading No.3〈建築×人文×未来〉」 『建築ノート―建築超未来形』誠文堂新光社, 4:113-117。
  • 2008、 「書籍紹介 アンソニー・ギデンズ『第三の道―効率と公正の新たな同盟』, 「Round Reading No.3〈建築×人文×未来〉」 『建築ノート―建築超未来形』誠文堂新光社, 4:114。

リンク

研究カテゴリ

[信頼論,理論社会学,ナショナリズム論,多文化主義研究,イギリス研究,市民社会論,政治哲学,政治社会学,アイデンティティ論,比較制度論,社会統合の比較社会学,現代ムスリム若者論]


最終更新時間:2017年03月30日 15時59分32秒

25189 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて