Links
シーボルトプログラム
グローバル安全学 トップリーダー育成プログラム
東北大学文系URA室
川内南地区倫理委員会
東北大学

ホーム>文学部>

東北大学文学部の教育方針・学習目標

文学部の教育方針

【文学部の教育理念】

文学部では、次のような教育理念を立てています。

現代世界が直面する複雑で困難な諸課題は、科学技術のみで解決を図ることは難しく、何よりも人間性への深い洞察に根ざした人文社会科学的知見を必要としています。そうした社会的要請に応え、人間性に対する鋭敏な感受性と現実社会に対する透徹した認識とを基盤に、国際社会の発展に積極的に貢献しうる、知性と行動力をもった人材の養成を目指します。

【アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)】

文学部は、上記の教育理念に基づき、人間とその言語や文化、社会や歴史に対して広い関心と強い探求心を持ち、それらに関する堅実な実証的知識を身につけようとする人、そのうえでさらに、自立的かつ批判的な人間理解を追求し、現代社会が直面する様々な課題に積極的に貢献しようとする人を求めています。

【カリキュラム・ポリシー(教育課程編成の方針)】

上記の教育理念に基づき、文学部では以下の4つの学習目標を掲げ、これらの目標を達成できるようにカリキュラム(教育課程)を編成しています。

(1)教養の涵養:文学、思想、言語、歴史、社会など多様な人間文化に関する基礎的知識を幅広く学習することによって、自然科学的方法とは異なる人文科学的方法を理解し、身につける
(2)専門の修養:文学部の伝統である重厚な学風に則り、専門の学問分野を深く学ぶことによって、自ら課題を発見し、その解決に取り組むことを可能とする普遍的で創造的な思考能力と表現能力を身につける
(3)語学の鍛錬:国際化する社会に対応するために、最低2つの外国語を履修し、実用的な国際的コミュニケーション能力を身につける
(4)天職の探求:人文社会科学的な専門知識をもつ社会人あるいは大学院生として果たすべき使命を自覚し、しっかりとして将来展望を描く

【ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)】

文学部では、卒業までに、全学教育科目及び専門教育科目の履修を通して、教育理念に基づく4つの目標(教養の涵養、専門の修練、語学の鍛錬、天職の探求)において充分な成果をあげることが求められます。所定の単位を修得し、4年間の学習の集大成としての卒業論文または卒業研究の審査に合格した者には、卒業が認定され、学士(文学)の学位が授与されます。

文学部各学年の学習目標

文学部では,このような理念に基づき,年次別に次のような学習目標を設定しています。

1年次の学習目標

  • 現代社会の様々な問題に対処するための,基礎的な人文社会科学と自然科学の 教養を身につける
    (全学教育科目)
  • 文学部の学問について全体像を把握し,人文社会科学の問題意識,発想法・方法論の 基礎を身につける
    (人文社会総論)
  • 文学部の専門の勉強のための英語読解力を身につける
    (英語原書講読入門)
  • 文学部の学問の入門的な知識,方法論を身につける
    (基礎専門科目入門)
  • 人文社会科学の学問に必要な日本語の表現力を身につける
    (基礎ゼミ,基礎専門科目入門など)
  • 人文社会科学の情報処理のための基礎を身につける
    (情報科目)
  • 国際化する社会に対応するため,最低2つの外国語の基礎的な学力を身につける
    (全学教育の語学科目)

2年次の学習目標

  • 現代社会の様々な問題に対処するための,基礎的な人文社会科学と自然科学の教養を身につける
    (全学教育科目)
  • 人文社会科学の個別の分野の基礎的な知識,方法論などを身につける
    (概論,基礎)
  • 国際化する社会に対応するため,最低2つの外国語について中級程度の力を身につける
    (全学教育と,文学部専門科目の外国語科目)
  • 人文社会科学的研究を行っていくための,専門的な文献読解力と,成果の発表の能力を身につける
    (基礎)

3年次の学習目標

  • 人文社会科学の専門的な知識を深め,方法に習熟する
    (各論,発展)
  • 卒業論文の作成,あるいは卒業研究を行っていくための,文献読解,資料収集,資料分析,成果の発表能力を発展させる
    (発展)
  • 国際人としての多様な外国語の力を発展させる
    (文学部専門科目の外国語科目)
  • 将来の職業への自覚を持つ豊かな人間性の形成
    (個別の進路指導など)

4年次の学習目標

  • 人文社会科学の専門的な知識を深め,方法論をさらに発展させる
    (各論,発展)
  • 卒業論文の作成,あるいは卒業研究を行っていくための,文献読解,資料収集,資料分析,成果の発表能力をさらに発展させる
    (発展,卒論・卒研の個別指導)
  • 国際人としての多様な外国語の力を発展させる
    (文学部専門科目の外国語科目)
  • 大学4年間の学習の成果として,卒業論文,卒業研究をまとめる
  • 将来の進路を決定し,人文社会科学的な専門的な知識をもつ社会人あるいは大学院学生として,自らの使命を自覚した人間の形成を目指す