末期医療におけるセデーション

99/04/14


ここをクリックして開始


目次

末期医療におけるセデーション

セデーション(sedation)とは:

セデーションの特徴

セデーションの分類

緩和医療としてのセデーション

一時的(temporary)セデーション

最終的(final/permanent)セデーション

最終的セデーション:適用の要件

最終的セデーション:適用の要件(補足1)

最終的セデーション:適用の要件(補足2)

終末期のセデーション ――倫理的側面の検討

終末期のセデーション ――――提起されている問題

緩和的治療が余命を短縮するおそれがあるときにどう考えるか(1)

緩和的治療が余命を短縮するおそれがあるときにどう考えるか(2)

〈意図〉と〈予想〉の区別(1)

〈意図〉と〈予想〉の区別(2)

緩和的治療が余命を短縮するおそれがあるときにどう考えるか(3)

緩和的治療が余命を短縮するおそれがあるときにどう考えるか(4)

セデーションと安楽死とはどう違うか(1)

セデーションと安楽死とはどう違うか(2)

よりよい医療技術の開発を!

よりよい医療技術の開発を!(続)

セデーション ――実施にあたっての留意点

要件の確認

意思決定(合意)

別れについて

実施中の身体管理

セデーションのまとめ

作成者 :SHIMIZU T.

電子メール : shimizu@sal.tohoku.ac.jp

ホーム ページ : http://www.sal.tohoku.ac.jp/~shimizu/index-j.html