GPJS GPJS

概 要プログラム長メッセージ

分野や地域を横断する教育・研究を通して、現代社会が抱える課題にアクティブに挑戦。 分野や地域を横断する教育・研究を通して、現代社会が抱える課題にアクティブに挑戦。

東北大学では、従来の教育実施体制の枠を超え、海外有力大学との強い連携のもとで、手を携え教育を実施する9つの「国際共同大学院プログラム」群の創設を指定国立大学の柱に掲げています。その一角を占める日本学国際共同大学院(GPJS)は、特に文系の特色・強みを活かし、海外教育研究機関(「支倉リーグ」)と共同して新学際領域としての「日本学プラットフォーム」の構築を企図するものです。それは、現代社会が抱えるさまざまな問題に対して人文社会科学に何ができるのかという、アクティブな挑戦でもあります。

東北大学発の日本学では、これまでの日本学には含まれなかった西洋学などの研究者とも手を結び、同質なものだけではなく、異質なものをも取りこみ、知のフロンティアへ船出していこうとしています。そのためには新しい羅針盤が求められています。別のいいかたをしますと、私たちの日本学は、伝統的な学問領域を守り、その分野を深掘りする「縦型」(通時性)ではなく、既存の枠組みをディコンストラクションし、分野や地域を横断する「横型」(共時性)の教育・研究を重視しています。言葉を第一義とした実証性にとらわれることなく、イメージやデータを大胆に活用し、それを熟覧・解析し、想像力を最大限に働かせ、飛躍をおそれない、新しい方法を探究していきます。「何事も成功するまでは不可能に思えるものだ」という言葉を座右の銘として、皆さんも一緒に未知の世界へ旅に出ませんか。

日本学国際共同大学院 プログラム長
文学研究科 教授
尾崎 彰宏OZAKI Akihiro