日本学国際共同大学院

日本学国際共同大学院は、文学研究科、教育学研究科、法学研究科、経済学研究科、国際文化研究科、東北アジア研究センター、高度教養教育・学生支援機構等、本学のオール人文社会科学系部局が協働して新たに設置する、博士前期・後期課程一貫の共同大学院学位プログラムです。この学位プログラムは、「表象」「資本」「共感」という独自の切り口からイメージ、データ、文献を駆使し、海外の連携大学と共に、従来の日本学の枠組みを越えた、学術的かつ多元的で創造性に富んだ新しい日本学のプラットフォーム構築を目指します。そしてその上にコースワークを展開し、現代社会の課題に挑むリーダーを養成します。

新たな日本学の創造

  1. 「地域研究としての日本学」「視点・方法論としての日本学」からなる新しい教育
 

 

  1. 「日本から見た日本学」を世界に発信し、「世界から見た日本学」を日本に吸収する
 

教育目標

  1. 「紛争解決」「持続可能性(サスティナビリティ)」等の現代社会がかかえる喫緊の課題に取り組み,学術的かつ多元的な新しい 日本学を展開する。

  2. 現代社会の課題の解決に向け、「共感」「和」などの文化的価値を明らかにし、世界が共感する新たな視点や思考法の創造を目指す。

プログラムの理念

本プログラムの学生は、自らの専門分野を上記の三学域の中に位置づけ研究を深めると同時に、それと有機的、融合的に結びつきながら広がる他の二学域を積極的に学ぶことによって、新たな「日本学」領域を創造し、現代の課題を視野に入れた独創的な研究を目指します。
  • 表象の日本学
    イメージを中心に美術・芸術及びその歴史、文化史、人類学、考古学といった分野を学ぶ。

  • 資本の日本学
    データを中心に政治学、経済学、経営学、社会学、行動科学、心理学といった分野を学ぶ。

  • 共感の日本学
    言語や文献を中心に言語と言語学、思想・哲学、法学、歴史学、文学及びその歴史、宗教学といった分野を学ぶ。

教育プログラム

本プログラムの学生は、各研究科の博士前期2年の課程に入学後、2年目に選抜されてプログラムに入ります。プログラムに入った後は、博士後期3年の課程修了まで、リサーチアシスタント経費による修学支援を受けることができます。

※選抜方法に関しましては、TOEFLまたはIELTSのスコア提出、小論文などを課す予定です。

プログラム学生への支援

本プログラムに採用された学生は、リサーチアシスタント(RA)として給与が支給されます。これによって、自身の研究遂行に対して経済的な支援が得られ、若手研究者としての研究遂行能力を身につけます。支給額は、博士前期2年の課程在籍時には年間100万円程度、博士後期3年の課程在籍時には年間140万円程度です。

本プログラムの大きな特徴として、学生は博士後期課程在籍時に海外の大学へ半年間以上の留学をします。これによって、自らの研究視野を広げると同時に、一線で活躍する海外の教員からも助言を受けることで自らの研究内容を深化させることができます。この現代版「武者修行」に対しても経済的支援を行います。

研究プログラム

東北大学の「日本学」は、教育(「日本学国際共同大学院」)と研究(「日本学国際研究拠点(仮称)」が有機的に結びついた世界最高水準の新たなプラットフォームとして構築されます。

本学ではすでにこれまで様々な研究プロジェクトを通じて新たな「日本学」の創成を目指してきました。知のフォーラムによる「21世紀の支倉常長プロジェクト」、学際研究重点プログラムによる「世界発信する国際日本学」、社会にインパクトある研究として進めている「創造する日本学」などがそれです。

このような先駆的な取り組みを継承・発展させて、本学独自の「日本学」を日本学国際共同大学院と共に教育、研究の両輪として進めるべく、文系全部局が参画する「日本学国際研究拠点(仮称)」を形成します。この研究拠点では、海外の先端的研究機関との連携により国際共同研究を強力に推進します。

これまでの「日本学」研究の実績

国際ワークショップ

募集要項等

申請書類

※9月25日(月) 16時50分〆切厳守

問い合わせ

本プログラムに関する問い合わせは、文学部・文学研究科教務係までお願いします。

関連サイト