イベント

瑞巌寺宝物館での展覧会「東北の画人たち1─ 秋田・山形・福島編 ─」が開幕いたしました。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

日時 2022年6月15日(水)〜8月31日(水)
場所 瑞巌寺宝物館(宮城県宮城郡松島町松島字町内91)
入場料 大人700円 小学生・中学生400円
講師
主催 主催:東北大学大学院文学研究科 東洋・日本美術史研究室
後援:宮城県教育委員会 秋田県教育委員会 山形県教育委員会 福島県教育委員会
緯度・経度
交通
内容

 江戸時代に活躍した東北6県の画家については、主に絵画制作を本業として一定の扶持や所領を拝領して大名家に仕える「御用絵師」、藩に所属して俸禄を賜いながら職務を遂行し、一方で余技として絵筆をふるった「武士」、さらに藩領の城下町や宿場町で生まれて画家となった「町人絵師」の3つに大別することができます。
 このような画家にスポットをあてた展覧会として、これまで公立の博物館や美術館などで個別に行われてきたものの、地域を広げて俯瞰的にみる機会はほとんどなかったといっても良いでしょう。そこで、東北6県の藩領に生まれ育った画家を広範囲に取り上げて「東北の画人たち」と銘打ち、2度にわたる展覧会を開催することとなりました。2022年には前編として「秋田・山形・福島編」、2023年には後編として「青森・岩手・宮城編」をご覧いただきます。
 これらの画家は「身分階級」と「出身地域」という2つの環境要因により、さまざまな感性や嗜好を育みます。ただし、決して1所にとどまるわけではなく、江戸や京都に出て修行を重ね、時には海外との窓口であった長崎にまで足を伸ばし、自らの殻を破るべく、より高みを目指す生き方を選びました。それゆえ、その絵画表現は決してローカルにとどまるものではなく、当時としては最先端かつ個性的な作品を残した画家も少なくありません。そこで本展覧会は、彼らの持つ地域性と進取の精神がどのように化学反応を起こし、絵画作品に結実したのかを紹介する機会といたします。

問い合わせ先 瑞巌寺宝物館 TEL:022-354-2023
東洋・日本美術史研究室 TEL:022-795-6069
その他