文学研究科の理念・目標

文学研究科の教育方針

教育理念

文学研究科の教育理念は、人文社会科学を構成する各専門分野の研究を通じて、人類文化の知的遺産を確実に継承し、その創造的発展に積極的に寄与しうる研究者および高度な専門的職業人を育成するとともに、幅広い教養と専門知識を柔軟に活用できる人材を広く社会に送り出すことである。そのような人材は、各専門分野における先端的な研究能力を修得するのみならず、幅広い学際的視野と卓越した国際的発信能力を備えていなければならない。現代社会が抱える諸問題の解決には、何よりも分野を横断した学際的協働と国境を超えた国際的協力とが要求されているからである。そのためには、海外からの留学生を積極的に受け入れ、日本文化の理解を通じて国際理解を深めると同時に、現場の課題に取り組む社会人の再教育に力を注ぐことによって最新の研究成果の社会への還元をはかることが必要となる。文学研究科が目指すのは、人間の精神活動や社会活動への深い洞察力に基づいて異質の文化を理解し、高度で幅広い知識を生かすことによって人類社会への貢献をなしうる人材の養成である。

ディプロマ・ポリシー

【博士課程前期2年の課程】

東北大学大学院文学研究科では、次に掲げる目標を達成した学生に修士の学位を授与する。

  1. 人文社会科学諸分野に関する豊かな学識を基盤として人類文化の知的継承と社会の発展に寄与しうる
  2. 各分野の高度な学問的成果を継承発展させうる能力、又は専門的知識と学際的視野をたずさえて社会の様々な領域で活躍できる能力を有している
  3. 深い知識と創造的な問題発見によって社会全体の文化的水準の向上に寄与しうる

【博士課程後期3年の課程】

東北大学大学院文学研究科では、次に掲げる目標を達成した学生に博士の学位を授与する。

  1. 人文社会科学に関わる豊かで先端的な学識と高度な専門的知識に基づき、専攻分野において研究者として自立できる独創的知見と能力、又は高度に専門的な職業に従事できる卓越した能力を備えている
  2. 各専門分野における国際的かつ先端的な研究能力を修得し、高度で幅広い学際的視野と卓越した国際的発信能力を備えている
  3. 人間の精神活動や社会活動への深い洞察力に基づいて異質の文化を理解し、高度で幅広い知識を活かすことによって人類社会への貢献をなしうる

カリキュラム・ポリシー

【博士課程前期2年の課程】

東北大学大学院文学研究科では、ディプロマ・ポリシーで示した目標を学生が達成できるよう、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施する。

  1. 文化科学、言語科学、歴史科学、人間科学の四専攻を基礎に、相互の連携と学際性を重視しつつ、高度の専門的研究能力およびその基礎となる豊かな学識を涵養する
  2. 各専攻のもとに専攻分野を設け、きめ細かな少人数教育と複数指導教員体制に基づき、それぞれの個性に応じた個別指導を行うことによって、国際的に通用しうる研究能力と学識を育成する
  3. 各専攻分野の基本的な研究方法を修得させ、修士論文又は修士研究に取り組ませることにより、研究者あるいは専門的職業人としての基礎を築く

【博士課程後期3年の課程】

東北大学大学院文学研究科では、ディプロマ・ポリシーで示した目標を学生が達成できるよう、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施する。

  1. 人文社会科学を構成する各専門分野の研究を通じて、人類文化の知的遺産を確実に継承し、その創造的発展に積極的に寄与しうる研究者および高度な専門職業人を養成する
  2. 各専攻分野において特定の研究テーマに関する世界的水準の研究を遂行して博士論文を完成させるとともに国内外の学会等での積極的な発信を促す
  3. 専門領域のみに閉じこもることなく、高度な学際的視野と国際的コミュニケーション能力を備え、国際的な場で活躍しうる人材を養成する

アドミッション・ポリシー

文学研究科の研究目的

文化科学、言語科学、歴史科学、人間科学の4専攻からなる文学研究科は、個人から社会までを貫く「人間性」の探究を研究目的とする。そしてこの研究目的は次の4つの柱からなる。

  1. 人間性の結晶である人類の精神文化および社会組織を研究対象とし、世界的水準の研究を行い、その成果を世界へ向けて発信する。
  2. 国際的な研究拠点としての体制を整備し、学際的・先端的共同研究を推進するとともに、現代的要請に応えて新たな学問分野の開拓に力を注ぐ。
  3. 広く学問の基盤となる基礎研究を重視し、長期的視野に立って、基礎的な研究資料を整備する。
  4. 学問的成果を広く社会に還元し、人類文化の持続的発展に寄与する。

文学研究科の研究目標

文化科学、言語科学、歴史科学、人間科学という4つの専攻の特徴を生かし、相互の連携を図りながら、研究目的の実現のために、次の5つの研究目標を達成する。

  1. 精神文化の基盤である文学と哲学とを対象に、原典の厳密な読解に基づいて人間の知性や感性のあり方を解明し、新たな知の可能性を追求する。
  2. コミュニケーションの基盤である言語の構造、機能、歴史およびその変異を多様な観点から解明し、併せて外国人への日本語教授法の実践的研究を行う。
  3. 人類の営みである歴史を、文献資料、考古的資料、芸術作品等の分析を通じて解明し、再構成し、評価することにより、未来を展望する指針を探り出す。
  4. 人間の行動と他者との関係および人間社会の構造について実験やフィールド・リサーチを通じて解明し、その成果に基づいて社会に具体的提言を行う。
  5. 研究を通じて蓄積する知的資源を整備し、その活用を促進する。