トピックス

【注意】海外渡航について

学生の皆さんへ
 
                                東北大学文学部・文学研究科
 
 現在、本学学生の海外渡航については、学部・研究科が許可すれば可能となっております。
 対象となる海外渡航は「学部・研究科が必要と認める、交換留学、研究留学、ダブルディグリー
プログラム、インターンシップ、学会発表等による海外渡航」ですので、該当する海外渡航の予定が
ある方は、渡航計画を始めた段階で必ず指導教員に相談してください。
その後、研究科として可否を判断します。
 
 なお、現在、在留資格をもっている外国人留学生の母国への渡航については、これまでと同様に
学部・研究科が許可すれば可能ということになっております。
該当する学生で、母国への渡航を希望する場合は、必ず、渡航前に指導教員に相談してください
その後、研究科として可否を判断します。
 また、母国への渡航を希望する方で、留学生住宅保証制度を利用して入居している場合は、
退去または入居継続について、必ず、文学部教務係に相談してください(退去する場合は
渡航する1か月前には相談してください)
 母国への渡航を許可された方で、学生寮に入居している場合は、必ず、渡航前に、寮の事務室に
渡航することを連絡してください。
 
これらの手続きには時間がかかる可能性がありますので、注意して下さい。
 
 上記以外のケースについては、「国・地域を問わず不要不急の海外渡航は中止」するよう
要請されております。私的な旅行であっても同様ですので十分に注意してください。