教員のよこがお

教授 小泉 政利 KOIZUMI Masatoshi

所属

  • 大学院文学研究科・文学部
  • 総合人間学専攻
  • 心理言語人間学講座
  • 言語学分野

言語と思考について
研究しています。

高校生の頃は物理学者になって世界がどうできているのかを知りたいと思っていました。しかし,次第に,世界がどうできているかを知るためには,人間が世界をどう認識しているか,すなわち人間の認知能力をまず知る必要があると考えるようになりました(認識論的転回)。人間の認知能力を探るに当たっては,人間に固有の能力である言語を手がかりにするのが一番良いだろうと判断して,言語学の道に進みました(言語論的転回)。
 子どもの頃は毎日野球をして遊んでいましたが,野球以外に好きだったものが2つあります。実験と外国です。古い真空管ラジオを分解して組み立て直したり,アマチュア無線で地球の裏側の人たちと交信するのが楽しみでした。豪華客船の無線通信士になって世界中を旅して暮らすのが夢でした。今は実験装置を持って世界中を飛び回り,言語と思考について調べています。結局,子どもの頃から好きだったことを続けているだけなのかもしれませんね。

  • 研究・略歴
  • 著書・論文等
  • 主要担当科目
    現代言語学概論,言語学研究演習,言語交流学演習,言語解析学研究演習,言語としての手話入門
    略歴
    国際基督教大学教養学部卒業,米国 オハイオ州立大学東亜言語文学科大学院修士課程修了, 米国 マサチューセッツ工科大学言語哲学科大学院博士課程修了(Ph.D.)。
    東北学院大学講師,助教授,東北大学助教授,准教授を経て現職。
    学位
    Ph.D.
    研究分野
    言語認知神経科学
    研究課題
    (1)OS言語の談話処理メカニズムに関するフィールド心理言語学的研究
    (2)語用論的推論に関する比較認知神経科学的研究
    研究キーワード
    語順,統語構造,文処理負荷,事象認知,マヤ諸語,カクチケル語,オースロネシア語族,タロコ語,トンガ語,fMRI,NIRS,脳波,事象関連電位,脳磁図,視線計測
    所属学会
    日本言語学会,日本認知科学会,Linguistic Society of America,Organization for Human Brain Mapping ,American Association for the Advancement of Science
    研究者紹介DB
    http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/c20f69c4fa34a7748d206cd4730370a9.html
  • 主要著書
    Phrase Structure in Minimalist Syntax, Hituzi Syobo
    『文の構造』研究社(共著)
    『ここから始める言語学プラス統計分析』共立出版(編著)
    主要論文
    1. Koizumi, Masatoshi, and Jungho Kim. Greater left inferior frontal activation for SVO than VOS during sentence comprehension in Kaqchikel. Frontiers in Psychology 7: 1541. DOI: 10.3389/fpsyg.2016.01541. October 2016.
    2. Koizumi, Masatoshi, and Satoshi Imamura. Interaction between syntactic structure and information structure in the processing of a head-final language. Journal of Psycholinguistic Research. DOI: 10.1007/s10936-016-9433-3. May 2016.
    3. Imamura, Satoshi, Yohei Sato, and Masatoshi Koizumi. The processing cost of scrambling and topicalization in Japanese. Frontiers in Psychology 7: 531. DOI: 10.3389/fpsyg.2016. 00531. April 2016.
    4. Yasunaga, Daichi, Masataka Yano, Yoshiho Yasugi, and Masatoshi Koizumi. Is the subject-before-object preference universal? An ERP study in Kaqchikel Maya. Language, Cognition and Neuroscience 30: 1209–1229. DOI: 10.1080/23273798.2015.1080372. September 2015.
    5. Koizumi, Masatoshi, Yoshiho Yasugi, Katsuo Tamaoka, Sachiko Kiyama, Jungho Kim, Juan Esteban Ajsivinac Sian, Lolmay Pedro Oscar García Mátzar. On the (non)universality of the preference for subject-object word order in sentence comprehension: Asentence-processing study in Kaqchikel Maya. Language 90: 722-736. DOI: 10.1353/lan.2014.0068. September 2014.
    受賞
    2013 日本言語学会大会発表賞
    2012 東北大学全学教育貢献賞,
    2011 日本言語学会大会発表賞