研究室紹介

日本学専攻 現代日本学研究室 Innovative Japanese Studies

多角的な視点から「日本」をとらえ直す

 ドイツの歴史哲学者リッケルトは、『文化科学と自然科学』で「自然科学」と「文化科学」という言葉の対比を通じて、学問を理系・文系とに区別する考え方の基礎と提出しました。その文系の学問世界の中核をなす文学部の研究は、哲学・歴史学・文学の三大分野からなるものと意識されてきました。
 しかし、今日では文系・理系、さらには哲・史・文というような研究の垣根を意識的に取り払い、新たな研究分野の開拓が模索され、いわゆる「学際的」な研究が数多く生まれています。
 また、研究の国際化が促進され、海外の学者たちと共同して研究の理論や技法を開発する傾向も顕著になっています。
 われわれ現代日本学研究室は、学際化と国際化をメインテーマとして、従来の日本研究では見落とされたり見過ごされてきた「日本」の実像を新たな視点から再構成することを目指します。
 現在の教員の主要な研究は、日本近代の歴史を「グローバルヒストリー」の観点から再評価する、日本社会を「ジェンダー」の観点から分析する、日本文化研究の方法を「社会史」の側面から再編成する、「メディア論」「コミュニケーション論」の観点から近代史を読み直す、と多様で、学生の皆さんにはこうした教員とともに新たな学問創出に取り組んでもらいたいと希望します。
 なお、現代日本学研究室では、学際的で国際的な日本研究のためには「国際経験」が不可欠であると考えています。そのための海外留学・外国人学生との積極的交流を学生時代の経験の柱とする教育指導を行います。広い世界の中で自己を見つめ直し、変貌する学問の魅力を体得したいと考える学生の輪に加わってください。

先輩からのメッセージ

オクロープコヴァ・イェヴドキーヤ OKHLOPKOVA Evdokiia

人文学研究科 博士課程 1年
出身高校:東北大学文学研究科国文学研究

お勧めしたい本:『骨董・怪談』小泉八雲著、平川祐弘編(株式会社河出書房新社、二〇一四年六月三〇日)
その理由:小泉八雲(1850年〜1904年)は日本の文化を深く愛し、昔話や神話を集め、再話した有名な作家、翻訳者、記者です。『怪談』は一九〇四年に出版され、八雲が紹介した「耳なし芳一」・「雪女」・「ろくろ首」などの話が現代の日本文化にも影響を与えています

ここが面白い!
文学部

私は東北大学に4年在籍しています。初めは国文学研究室の学部研究生となり、同研究室の修士課程を修了し、今年の4月から現代日本学研究室の博士課程に進学しました。勉強と同時に、私は多くの課外活動にも参加してきました。例えば、東北大学留学生協会(TUFSA)の代表、仙台国際観光協会(SenTIA)の留学生交流委員、TEDxTohokuUniversityの初めての同時通訳チームリーダー、東北大学所属図書館での留学生支援コンシェルジュなどのことです。将来の専門の選択について悩んでいる方には、様々なことを試してみてほしいです。自分の心の中に隠されている力が出てくるかもしれません

文学部を目指す
皆さんへ

文学研究科を目指す方に伝えておきたいのは、「勉強熱心、研究中心」という動力の生活に順応していく必要があることです。しかし、研究室の先輩たちや同級生、先生たちもいつでもサポートしてくれるので、大学院の数年間は楽しく過ごすことができると思います。一緒に講義の準備をし、研究に関わる悩みなどについて相談しつつ、快適な研究室の雰囲気を作っていけると信じています。
私たち現代日本学研究室の特徴は、留学生と日本人の学生が交流しながら、一緒に研究できるところです。留学生の目で日本のことを少し見てみると、予想外の面白いところが見えてくるかもしれません。興味をもった皆さん、いつでも現代日本学の研究室へようこそ