海外への留学

交換留学

東北大学及び文学部・文学研究科と学術交流協定(大学間交流協定、部局間交流協定)を結ぶ海外の大学等で、1~2学期滞在し、現地の学生と共に授業履修・研究できるプログラムです。

  1. 授業料
    大学間交流協定、部局間交流協定の授業料不徴収条項に基づき、留学先大学からは授業料は徴収されません。(ただし、大学によっては授業料または参加費が徴収される場合があります。)

  2. 留学中の本学における学籍上の身分
    原則として、派遣留学生の所属学部・研究科の許可により「留学」とするものとします。

 部局間交流協定による留学を希望する場合は、各協定校の連絡調整担当教員または教務係にお問い合わせください。

留学状況

国/地域名 留学先 学部 大学院
派遣交換留学 SAP・短期プログラム 派遣交換留学
H26 H27 H28 H26 H27 H28 H26 H27 H28
インドネシア インドネシア大学       2 1        
ガジャマダ大学         1        
パダン国立大学             1    
韓国 ソウル大学校   1   4          
国立全南大学校       1        
シンガポール シンガポール国立大学   1              
タイ チュラロンコーン大学       3 1 1      
中国 南京大学       2          
復旦大学                 1
台湾 国立台湾大学   1 1            
国立中山大学 1                
国立政治大学       1 3        
東呉大学         3        
ベトナム ベトナム貿易大学   1   6 2 1      
マレーシア マラヤ大学           3      
オーストラリア ニューサウスウェールズ大学       3 1 5      
モナシュ大学       3          
ニュージーランド オークランド大学         2 4      
アメリカ合衆国 アラスカ大学 1 1              
カリフォルニア大学 1 2 1 9 9 7 1 1 1
ノースカロライナ大学シャーロット校     1           1
ハーバード大学             1    
パデュー大学   1              
ハワイ大学 1     2 1 4      
カナダ ウォータールー大学           6      
サイモンフレーザー大学       1 1        
ニューブランズウィック大学       11          
イギリス シェフィールド大学       1 1 1      
ヨーク大学       4 5 5      
イタリア ヴェネツィア大学   2 1            
ナポリ東洋大学                 1
ローマ大学 1                
オーストリア ウィーン大学   1 2            
イタリア フィレンツェ大学                 2
ナポリ東洋大学     1            
オランダ グローニンゲン大学 1                
ライデン大学     1         1  
スウェーデン ウプサラ大学     1            
ストックホルム大学 1                
ドイツ ザールラント大学               1 1
ハイデルベルク大学     1           1
パーダーボーン大学       2 1        
フィンランド オウル大学   2              
トゥルク大学     1            
フランス ストラスブール大学 1                
リヨン第二大学 2                
レンヌ第2大学             1    
国立応用科学院リヨン校         3 3      
国立中央理工科学校リヨン校         3 3      
ロシア モスクワ大学                 1
合計 10 13 11 55 38 43 4 3 9

お知らせ

奨学金情報

イベント情報

開催日 タイトル

留学した学生の体験談

阿部桃子さん
(2017年3月学部卒)

留学先:ヴェネツィアカ・フォスカリ大学
(イタリア)

留学期間:2015年9月7日~2016年6月18日

知性や感性を磨くこと、アートマネジメントの手法を学ぶこと、語学力やコミュニケーション能力を身につけることを目標に、ヴェネツィアのカ・フォスカリ大学にて、イタリア語、アートマネジメント、美術史の講義を受けた。また、実践活動として、カルロ・スカルパの建築を巡るフィールドワークに参加した。留学後半は、卒業論文で取り扱うことになるヴェネツィアの画家ティエポロについての研究を行った。

留学先では、常に自分の意見を求められた。授業においても、普段の生活においても「どちらでもいい」「なんでもいい」といった態度は改める必要があった。自分の意見を言うためには、一つ一つの言葉に根拠と、責任が必要だった。「みんなと同じこと」よりも「みんなとちがうこと」を求められるのは新鮮だった。留学して初めのころは自分の意見を言えず、それが原因となって周りからの信用を得るのも難しかったが、自分の意見をはっきりと話すようになると、それが片言のイタリア語でも、一生懸命話を聞いてもらえるようになった。しかし、議論が進むにつれて、その根拠となる自分の知識の少なさが露見してしまうことが多かった。美術史においても、アートマネジメントにおいても自分の知識は薄く、ほかの人と対等に意見を言い合うためにはもっと勉強する必要があった。日本では、大学のセンター試験や公務員試験などでは幅広い知識を持つことが優先されるが、留学した先では、専門知識がどれだけあるかが重要であった。また、それと同時に、わからないときにはわからないとはっきりと言わなければならなかった。そうすれば、わかっている人が教えてくれる。だが、恥ずかしがってわかっている「ふり」をしてもなんの解決にもならない。日本でもそれは同じことなのだが、日本にいるとき以上に質問をする場面は多かった。というのも、わからない単語や言い回し、自国の文化とは異なるイタリアの文化についてなど、毎日がわからないことの連続だったのだ。耳慣れない言葉も、そのときに尋ねなければ、後で調べようと思っても忘れてしまったりした。留学という期間が定まっているため、日本にいるときよりも毎日を充実させようと必死になっていた。

留学をしたことで、自分が何か特別なことを成し遂げたとは思わないが、行く前と今とでは少しずつ何かが違っている。海の向こう、はるか彼方に暮らしている人々と知り合ったり、友人になったりすることで、これまでと世界の捉え方が異なってくる。遠くの街の戦争と思っていたことも、それほど遠くのことではないのだと、そして自分に関わりのないと思っていた人もどこかで繋がっているのだと、今は思う。私はヴェネツィアの街を隅々まで覚えているが、そんなふうに自分の中に日本以外の場所がある、というそれだけでも私の世界は広がったのだと思う。

【参考】『トビタテ!留学JAPAN』のホームページにも体験談を掲載しています。

三浦萌実さん
(2017年3月学部卒)

留学先:パデュー大学
(アメリカ合衆国)

留学期間:2015年8月24日~2016年5月7日

学業面では派遣先大学で専攻したコミュニケーションを中心に、一学期あたり12単位(4科目)を履修した。一学期目で意識したことは現地大学で学ぶための基礎力をつけることである。秋学期にはレクチャーを中心とした授業でコミュニケーション学における基礎的な理論を修得した。またライティングやクリティカルシンキングといった学ぶ上での技術も授業を通じて身につけた。また通常授業に加え、秋学期には語学力の向上を目的として留学生向けのショートコースに参加し、言語だけでなく贈り物やマナーについての文化を各国の留学生とのディスカッションを交えて学んだ。

これらを活かし、二学期目には全てアッパークラスの授業を履修し、異文化コミュニケーションや社会ネットワーク分析の分野をさらにくわしく学習した。プレゼンテーションやチームプロジェクトの形での成果発表が多かったが、その中でより現地の学生の中に入って学ぶという経験ができたとおもう。 アメリカでも留学生数がトップクラスの大学で学ぶことで、他の学生と同じ土俵で戦うことができたことは貴重な経験であった。特に言語面では苦労したことが多かったが、他の留学生が現地学生の中で対等に扱われている様子からはコミュニケーションの取り方や言語バリアをクリアする工夫など多くを学んだ。また、異文化コミュニケーションを学びながら海外生活を経験したことは、日本との文化の違いをより深く理解する一助となった。

交換留学生としての立場を意識せず、他の正規留学生や現地の学生と同様に授業や課外活動に参加することができたことはアメリカ留学の良い点だと思う。交換留学生としての活動としては、留学生オフィスや学部の交換留学担当者による交換留学生向けのオリエンテーションに参加したほか、日本の大学へ留学する予定の学生とのミーティングにも何度か参加し、情報交換を行った。 その他には課外活動にも力を入れた。特に春学期には大学寮に住む留学生を対象とした学生団体でPeer Educatorとして活動し、リーダーシップ研修や同大卒業生との会食に参加する機会を得ることができた。また日本学生会の活動にも参加し、とりわけキャリアセミナー等就活関係イベントには積極的に出席した。

また各地を旅行するなかで、東北とのつながりを感じられたことも収穫であった。とくに東日本大震災については様々な縁があり、シカゴで開催されたメモリアルイベントに参加したり、宮城県から津波で流されたバイクの展示をミルウォーキーの博物館で見ることができたりしたことで、東北大学生として留学する意義があったと感じている。

留学前と変わらず、卒業後は就職を考えている。留学中にキャリアフォーラムや企業の工場見学に参加したことで、海外で働くこと、また外国人と共に働くということがより具体的にイメージできるようになった。今後は留学先での学びを活かして卒業論文に取り組みつつ、この経験を活かせる仕事を探すべく就職活動に取り組みたい。

海外への留学を希望する方向けの情報等