[ReMCat] [All files] [Newest]

1 - 100

  1. {2005:3039107852} ed.= Claudine Sauvain-Dugerdil + Henri Leridon + Nocholas Mascie-Taylor. Human clocks: the bio-cultural meanings of age (Population, family, and society 5). Pater Lang.
  2. {2007:9784788510739} 鈴木 聡志. 会話分析・ディスコース分析: ことばの織りなす世界を読み解く (ワードマップ). 新曜社.
  3. {2009:09151214:22:1} 松岡 悦子. "医療は過剰であろうか: 健康・医療と現代社会". 現代社会学研究 22: 1-15. 北海道社会学会.
  4. {2010:09151214:23:1} 猪瀬 優理. "中学生・高校生の月経観・射精観とその文化的背景". 現代社会学研究 23: 1-18. 北海道社会学会.
  5. {2011:09151214:24:115} 梶井 祥子. "木戸功著 『概念としての家族 ―家族社会学のニッチと構築主義』 (新泉社,2010年)". 現代社会学研究 24: 115-118. 北海道社会学会.
  6. {2012:09151214:25:1} 古口 真澄. "親役割を担う祖父母にみる「家」制度の持続と変容:―家族の段階的推移を踏まえて―". 現代社会学研究 25: 1-20. 北海道社会学会.
  7. {2012:09151214:25:81} 盛山 和夫. "年金問題と経済システムの社会学". 現代社会学研究 25: 81-90. 北海道社会学会.
  8. {2013:09151214:26:1} 濱田 国佑. "新自由主義的改革に対する意識構造の世代間差異: 2005年SSM調査データの分析から". 現代社会学研究 26: 1-17. 北海道社会学会.
  9. {2013:09151214:26:125} 熊谷 苑子. "往来 農村家族研究と生活時間データ". 現代社会学研究 26: 125-132. 北海道社会学会.
  10. {2013:09151214:26:55} 工藤 遥. "都市の子育てをめぐるサポートシステム". 現代社会学研究 26: 55-71. 北海道社会学会.
  11. {2013:09151214:26:93} 櫻井 義秀. "往来 査読という仕事: 教育・研究支援のために". 現代社会学研究 26: 93-101. 北海道社会学会.
  12. {2014:09151214:27:1} 郭 莉莉. "都市の少子化と子育て支援ネットワークに関する日中比較研究: 札幌・北京調査を事例に". 現代社会学研究 27: 1-18. 北海道社会学会.
  13. {2014:09151214:27:19} 加藤 喜久子 + 平賀 明子. "ワーク・ライフ・バランスの職場環境: 労働市場の女性化をめぐる問題". 現代社会学研究 27: 19-36. 北海道社会学会.
  14. {2014:09151214:27:37} 高島 裕美. "教員の職場における「ジェンダー・バイアス」: 女性教員の職務配置のあり方に着目して". 現代社会学研究 27: 37-54. 北海道社会学会.
  15. {2015:00215414:65:592} 坂無 淳. "大学教員の研究業績に対する性別の影響". 社会学評論 65[=65(4)]: 592-610. 日本社会学会.
  16. {2015:09151214:28:35} 原 俊彦. "往来 人口減少社会のゆくえ: 『地方消滅』報道以降の動き". 現代社会学研究 28: 35-44. 北海道社会学会.
  17. {2015:09151214:28:45} 杉岡 直人. "往来 人口減少社会のゆくえ". 現代社会学研究 28: 45-50. 北海道社会学会.
  18. {2009:00215414:59:682} 近藤 博之 + 古田 和久. "教育達成の社会経済的格差: 趨勢とメカニズムの分析" (特集 階層論の拡大する可能性 ). 社会学評論 59[=59(4)]: 682-698. 日本社会学会.
  19. {2009:00215414:59:630} 斎藤 友里子 + 小林 久高. "特集によせて" (特集 階層論の拡大する可能性 ). 社会学評論 59[=59(4)]: 630-631. 日本社会学会.
  20. {2015:00215414:66:57} 田靡 裕祐 + 宮田 尚子. "仕事の価値の布置と長期的変化: 「日本人の意識」調査の2次分析". 社会学評論 66[=66(1)]: 57-72. 日本社会学会.
  21. {2013:00215414:64:133} 岩井 紀子. "書評 佐藤嘉倫・尾嶋史章編『現代の階層社会1 格差と多様性』 石田浩・近藤博之・中尾啓子編『現代の階層社会2 階層と移動の構造』 斎藤友里子・三隅一人編『現代の階層社会3 流動化のなかの社会意識』". 社会学評論 64[=64(1)]: 133-135. 日本社会学会.
  22. {2010:00215414:61:196} 河口 和也. "<研究動向> テーマ別研究動向(クィア・スタディーズ)". 社会学評論 61[=61(2)]: 196-205. 日本社会学会.
  23. {2009:00215414:59:828} 伊藤 るり. "青山薫著『「セックスワーカー」とは誰か――移住・性労働・人身取引の構造と経験』". 社会学評論 59[=59(4)]: 828-830. The Japan Sociological Society.
  24. {2009:00215414:59:826} 盛山 和夫. "浜田宏著『格差のメカニズム――数理社会学的アプローチ』". 社会学評論 59[=59(4)]: 826-828. The Japan Sociological Society.
  25. {2008:00215414:59:257} 坂 幸夫. "<書評> 河西宏祐著『電産の興亡(1946-1956): 電産型賃金と産業別組合』". 社会学評論 59[=59(1)]: 257-259. 日本社会学会.
  26. {2008:00215414:59:388} 佐藤 嘉倫. "<研究動向>分野別研究動向 (階級・階層): 研究の展開とフロンティアの拡張". 社会学評論 59[=59(2)]: 388-404. 日本社会学会.
  27. {2008:00215414:59:495} 是川 夕. "外国人の居住地選択におけるエスニック・ネットワークの役割: 国勢調査データを用いた人口移動理論からの分析". 社会学評論 59[=59(3)]: 495-513. 日本社会学会.
  28. {2009:00215414:60:302} 神原 文子. "<書評> 下夷美幸著『養育費政策にみる国家と家族: 母子世帯の社会学』". 社会学評論 60[=60(2)]: 302-304. 日本社会学会.
  29. {2008:00215414:59:75} 富永 健一. "産業主義の思想と戦後日本の社会" (特集 現代社会論の現在). 社会学評論 59[=59(1)]: 75-93. 日本社会学会.
  30. {2008:00215414:59:94} 橋本 健二. "「格差社会論」から「階級-社会階層研究」へ" (特集 現代社会論の現在). 社会学評論 59[=59(1)]: 94-113. 日本社会学会.
  31. {2009:00215414:59:752} 石田 淳. "仮想的所得再分配による不平等と幸福総和の変動: 2005年SSM調査データを用いたシミュレーション分析". 社会学評論 59[=59(4)]: 752-768. 日本社会学会.
  32. {2009:00215414:59:716} 三隅 一人. "社会関係資本と階層研究: 原理問題としての機会の平等再考" (特集 階層論の拡大する可能性 ). 社会学評論 59[=59(4)]: 716-733. 日本社会学会.
  33. {2009:00215414:59:699} 中井 美樹. "就業機会、職場権限へのアクセスとジェンダー: ライフコースパースペクティブによる職業キャリアの分析" (特集 階層論の拡大する可能性 ). 社会学評論 59[=59(4)]: 699-715. 日本社会学会.
  34. {2009:00215414:60:316} 春日井 典子. "<書評> 大和礼子著『生涯ケアラーの誕生: 再構築された世代間関係/再構築されないジェンダー関係』". 社会学評論 60[=60(2)]: 316-317. 日本社会学会.
  35. {2010:00215414:61:186} 佐藤 文香. "<研究動向> テーマ別研究動向(男性研究の新動向): 軍事領域の男性研究に向けて". 社会学評論 61[=61(2)]: 186-195. 日本社会学会.
  36. {2009:00215414:59:663} 有田 伸. "比較を通じてみる東アジアの社会階層構造: 職業がもたらす報酬格差と社会的不平等" (特集 階層論の拡大する可能性 ). 社会学評論 59[=59(4)]: 663-681. 日本社会学会.
  37. {2009:00215414:59:632} 佐藤 嘉倫. "現代日本の階層構造の流動性と格差" (特集 階層論の拡大する可能性 ). 社会学評論 59[=59(4)]: 632-647. 日本社会学会.
  38. {2008:00215414:59:624} 数土 直紀. "<書評> 筒井淳也著『親密性の社会学: 縮小する家族のゆくえ』". 社会学評論 59[=59(3)]: 624-626. 日本社会学会.
  39. {2010:00215414:60:554} 日比野 愛子. "科学技術に対する態度におけるDK回答の意味: バイオテクノロジーに関する意識調査から". 社会学評論 60[=60(4)]: 554-569. 日本社会学会.
  40. {2010:00215414:61:206} 高原 基彰. "<研究動向> テーマ別研究動向(ナショナリズム)". 社会学評論 61[=61(2)]: 206-215. 日本社会学会.
  41. {2010:00215414:61:277} 細江 容子. "家庭科の中の社会学". 社会学評論 61[=61(3)]: 277-293. The Japan Sociological Society.
  42. {2010:00215414:61:359} 安河内 恵子. "西村純子著『ポスト育児期の女性と働き方――ワーク・ファミリー・バランスとストレス』". 社会学評論 61[=61(3)]: 359-360. The Japan Sociological Society.
  43. {2009:00215414:60:179} 岩井 紀子. "<書評> 岩間暁子著『女性の就業と家族のゆくえ: 格差社会のなかの変容』". 社会学評論 60[=60(1)]: 179-180. 日本社会学会.
  44. {2012:00215414:63:467} 田中 紀行. "佐藤俊樹著『社会学の方法――その歴史と構造』". 社会学評論 63[=63(3)]: 467-468. The Japan Sociological Society.
  45. {2012:00215414:63:439} 中村 高康. "テーマ別研究動向 (教育): 教育社会学的平衡感覚の現在". 社会学評論 63[=63(3)]: 439-451. The Japan Sociological Society.
  46. {2012:00215414:63:36} 阪井 裕一郎. "家族の民主化:戦後家族社会学の<未完のプロジェクト>". 社会学評論 63[=63(1)]: 36-52. The Japan Sociological Society.
  47. {2012:00215414:62:442} 玉野 和志. "都市研究の転換と家族・コミュニティ論の課題". 社会学評論 62[=62(4)]: 442-458. The Japan Sociological Society.
  48. {2012:00215414:63:150} 山中 浩司. "テーマ別研究動向 (医療)". 社会学評論 63[=63(1)]: 150-165. The Japan Sociological Society.
  49. {2012:00215414:63:168} 中筋 直哉. "佐藤健二著『社会調査史のリテラシー――方法を読む社会学的想像力』". 社会学評論 63[=63(1)]: 168-169. The Japan Sociological Society.
  50. {2012:00215414:63:317} 湯澤 直美. "神原文子著『子づれシングル――ひとり親家族の自立と社会的支援』". 社会学評論 63[=63(2)]: 317-318. The Japan Sociological Society.
  51. {2012:00215414:63:359} 林 拓也. "職業アスピレーション再考: 職業間類似判定と選好度データに基づく計量分析". 社会学評論 63[=63(3)]: 359-375. The Japan Sociological Society.
  52. {2013:00215414:63:585} 脇田 彩. "現代日本女性にとっての階層再生産: 2つの側面による測定の可能性". 社会学評論 63[=63(4)]: 585-601. The Japan Sociological Society.
  53. {2013:00215414:63:602} 阪口 祐介. "テーマ別研究動向 (リスク)". 社会学評論 63[=63(4)]: 602-609. The Japan Sociological Society.
  54. {2013:00215414:64:91} 菅野 摂子. "選択的中絶とフェミニズムの位相". 社会学評論 64[=64(1)]: 91-108. 日本社会学会.
  55. {2013:00215414:64:109} 是川 夕. "日本における外国人の移住過程がその出生率に及ぼす影響について". 社会学評論 64[=64(1)]: 109-127. The Japan Sociological Society.
  56. {2013:00215414:64:711} 好井 裕明. "分野別研究動向 (差別)". 社会学評論 64[=64(4)]: 711-726. The Japan Sociological Society.
  57. {2013:00215414:64:649} 山田 昌弘. "日本家族のこれから: 社会の構造転換が日本家族に与えたインパクト". 社会学評論 64[=64(4)]: 649-662. The Japan Sociological Society.
  58. {2013:00215414:64:625} 安里 和晃. "グローバルなケアの供給体制と家族". 社会学評論 64[=64(4)]: 625-648. The Japan Sociological Society.
  59. {2013:00215414:64:187} 伊達 平和. "高学歴が家父長制意識に及ぼす影響についての比較社会学: 日本・韓国・台湾・中国・ベトナム・タイにおける比較". 社会学評論 64[=64(2)]: 187-204. 日本社会学会.
  60. {2013:00215414:64:342} 舩橋 晴俊. "震災問題対処のために必要な政策議題設定と日本社会における制御能力の欠陥". 社会学評論 64[=64(3)]: 342-365. The Japan Sociological Society.
  61. {2013:00215414:64:514} 井口 高志. "田代志門著『研究倫理とは何か――臨床医学研究と生命倫理』". 社会学評論 64[=64(3)]: 514-515. The Japan Sociological Society.
  62. {2013:00215414:64:533} 落合 恵美子. "近代世界の転換と家族変動の論理: アジアとヨーロッパ". 社会学評論 64[=64(4)]: 533-552. The Japan Sociological Society.
  63. {2013:00215414:64:553} 江原 由美子. "フェミニズムと家族". 社会学評論 64[=64(4)]: 553-571. The Japan Sociological Society.
  64. {2013:00215414:64:604} 藤崎 宏子. "ケア政策が前提とする家族モデル:1970年代以降の子育て・高齢者介護". 社会学評論 64[=64(4)]: 604-624. The Japan Sociological Society.
  65. {2013:00215414:64:589} 宮坂 靖子. "家族の情緒化と「専業母」規範:専業主婦規範の日中比較". 社会学評論 64[=64(4)]: 589-603. The Japan Sociological Society.
  66. {2013:00215414:64:572} 筒井 淳也. "親密性と夫婦関係のゆくえ". 社会学評論 64[=64(4)]: 572-588. The Japan Sociological Society.
  67. {2014:00215414:65:374} 鳶島 修治. "高校生の教育期待に対する性別と出身階層の影響:学力に関する自己認知の媒介効果の検討". 社会学評論 65[=65(3)]: 374-389. The Japan Sociological Society.
  68. {2014:00215414:65:351} 寺地 幹人. "世界社会学会議の先に:若手研究者の視点から". 社会学評論 65[=65(3)]: 351-359. The Japan Sociological Society.
  69. {2014:00215414:65:390} 内藤 準. "社会階層研究における機会の平等と完全移動:概念の分析に基づく方法論的検討". 社会学評論 65[=65(3)]: 390-408. The Japan Sociological Society.
  70. {2014:00215414:65:47} 昔農 英明. "セキュリティ対策としての移民統合:2000年代におけるドイツの事例". 社会学評論 65[=65(1)]: 47-61. The Japan Sociological Society.
  71. {2014:00215414:65:327} 野宮 大志郎. "国際共同研究の光と影:リサーチ・コミティから見る国際化". 社会学評論 65[=65(3)]: 327-335. The Japan Sociological Society.
  72. {2014:00215414:65:32} 三谷 はるよ. "「市民活動参加者の脱階層化」命題の検証:1995年と2010年の全国調査データによる時点間比較分析". 社会学評論 65[=65(1)]: 32-46. The Japan Sociological Society.
  73. {2014:00215414:65:317} 矢澤 修次郎. "第18回世界社会学会議の5つの意味:その歴史から考える". 社会学評論 65[=65(3)]: 317-326. The Japan Sociological Society.
  74. {2014:00215414:65:308} 長谷川 公一. "世界社会学会議横浜大会を振り返る: 経過・意義と今後の課題". 社会学評論 65[=65(3)]: 308-316. The Japan Sociological Society.
  75. {2014:00215414:65:270} 坂 敏宏. "Max Weberの '価値自由' の科学論的意義:テキストの再検討". 社会学評論 65[=65(2)]: 270-286. The Japan Sociological Society.
  76. {2014:00215414:65:224} 青山 薫. "グローバル化とセックスワーク:深化するリスク・拡大する運動". 社会学評論 65[=65(2)]: 224-238. The Japan Sociological Society.
  77. {2014:00215414:65:2} 鳥越 皓之. "東日本大震災以降の社会学的実践の模索: 家・ムラ論をふまえてのコモンズ論から". 社会学評論 65[=65(1)]: 2-15. The Japan Sociological Society.
  78. {2014:00215414:65:147} 舩橋 惠子. "善積京子著『離別と共同養育――スウェーデンの養育訴訟にみる「子どもの最善」』". 社会学評論 65[=65(1)]: 147-149. The Japan Sociological Society.
  79. {2014:00215414:65:145} 田中 重好. "盛山和夫・上野千鶴子・武川正吾編『公共社会学 [1]――リスク・市民社会・公共性』『公共社会学 [2]――少子高齢社会の公共性』". 社会学評論 65[=65(1)]: 145-147. The Japan Sociological Society.
  80. {2014:00215414:64:530} 江原 由美子 + 宮坂 靖子 + 山田 昌弘. "特集「近代社会の転換期のなかの家族」によせて" (特集 近代社会の転換期のなかの家族). 社会学評論 64[=64(4)]: 530-532. 日本社会学会.
  81. {2015:00215414:66:188} 駒井 洋. "日本における「移民社会学」の移民政策にたいする貢献度" (特集号 社会学は政策形成にいかに貢献しうるか). 社会学評論 66[=66(2)]: 188-203. 日本社会学会.
  82. {2015:00215414:66:224} 玉野 和志. "地方自治体の政策形成と社会学者の役割" (特集号 社会学は政策形成にいかに貢献しうるか). 社会学評論 66[=66(2)]: 224-241. 日本社会学会.
  83. {2015:00215414:66:260} 松田 茂樹. "少子化対策における家族社会学の貢献と今後の課題" (特集号 社会学は政策形成にいかに貢献しうるか). 社会学評論 66[=66(2)]: 260-277. 日本社会学会.
  84. {2015:00215414:66:204} 宮本 みち子. "若者の移行期政策と社会学の可能性: 「フリーター」「ニート」から「社会的排除」へ" (特集号 社会学は政策形成にいかに貢献しうるか). 社会学評論 66[=66(2)]: 204-223. 日本社会学会.
  85. {2015:00215414:66:73} 福井 康貴. "非正規雇用から正規雇用への移動における企業規模間格差: 二重構造論からのアプローチ". 社会学評論 66[=66(1)]: 73-88. 日本社会学会.
  86. {2015:00215414:66:19} 小林 大祐. "階層帰属意識における調査員効果について: 個別面接法と郵送法の比較から". 社会学評論 66[=66(1)]: 19-38. 日本社会学会.
  87. {2015:00215414:66:105} 山ア 沙織. "「読めない母親」として集うことの分析: 長野県PTA母親文庫の1960年代から". 社会学評論 66[=66(1)]: 105-122. 日本社会学会.
  88. {2015:00215414:66:123} 元森 絵里子. "テーマ別研究動向(子ども): 子ども観の歴史性・構築性の反省の現在". 社会学評論 66[=66(1)]: 123-133. 日本社会学会.
  89. {2015:00215414:66:134} 三隅 一人. "テーマ別研究動向(ソーシャルキャピタル)". 社会学評論 66[=66(1)]: 134-144. 日本社会学会.
  90. {2015:00215414:66:278} 大谷 信介. "政府・地方自治体の政策立案過程における〈社会調査〉の役割: 統計行政を踏まえた社会学からの問題提起" (特集号 社会学は政策形成にいかに貢献しうるか). 社会学評論 66[=66(2)]: 278-294. 日本社会学会.
  91. {2015:00215414:66:166} 太郎丸 博 + 大谷 信介. "特集「社会学は政策形成にいかに貢献しうるか」によせて" (特集号 社会学は政策形成にいかに貢献しうるか). 社会学評論 66[=66(2)]: 166-171. 日本社会学会.
  92. {2004:09163808:529:67} 岩上 真珠. "書評 渡辺秀樹・稲葉昭英・嶋崎尚子編『現代家族の構造と変容: 全国家族調査[NFRJ98]による計量分析』". 日本労働研究雑誌 529[=46(8)]: 67-69. 労働政策研究・研修機構.
  93. {2007:9784790712565} ed.= 田中 耕一 + 荻野 昌弘. 社会調査と権力: 「社会的なもの」の危機と社会学. 世界思想社.
  94. {2011:9784826901635} Joel Best + tr.= + 林 大. あやしい統計フィールドガイド: ニュースのウソの見抜き方. 白揚社.
  95. {2007:9784480687593} 谷岡 一郎. データはウソをつく: 科学的な社会調査の方法 (ちくまプリマー新書 059). 筑摩書房 (東京). .
  96. {2004:4562090952} ed.= 大淵寛 + 高橋重郷. 少子化の人口学 (人口学ライブラリー 1). 原書房.
  97. {2000:4166601105} 谷岡 一郎. 「社会調査」のウソ: リサーチ・リテラシーのすすめ (文春新書 110). 文藝春秋.
  98. {2004:4562090618} ed.= 岡田 実 + 大淵 寛. 人口学の現状とフロンティア: 南亮三郎博士の生誕百年を記念して (シリーズ・人口学研究 6). 原書房.
  99. {1996:0521495695} ed.= Lyliane Rosetta + C. G. N. Mascie-Taylor. Variability in human fertility (Cambridge studies in biological anthropology 19). Cambridge University Press.
  100. {2002:4623036618} ed.= 大谷 信介. これでいいのか市民意識調査: 大阪府44市町村の実態が語る課題と展望. ミネルヴァ書房.

Next

Copyright (c) 2002-2008 TANAKA Sigeto

This page contains Japanese encoded in accordance with MS-KANJI ("Shift_JIS").